知って得するマンション!ザ・パークハウスの立地

多摩センター駅すぐ横で建設中のマンションは、

三菱地所レジデンスの【ザ・パークハウス】

住所:東京都多摩市落合一丁目36
総戸数:175戸
地上19階
敷地面積:3,657㎡

価格:未定

 

駅のすぐ横にあります!
小田急多摩センター、京王線の多摩センターの両駅が利用でき、徒歩4分の近さ。

 

現在、建設中です。

完成時の高さは19階なのでこの高さの倍以上の高さになるんでしょうね。

parkhouse6

 

 

斜向えにあるのはサンリオピューロランド

遊園地を超えた聖地です 😛 。ファンにはうれしい立地でもあります。

parkhouse9

 

 

ザ・パークシティ多摩センターの向いはこんな感じです。

parkhouse8

この通りに向けて玄関というかメインエントランスが造られる様子です。

でも、多摩センター駅とペデストリアンデッキで接続され、そちらからも行き来ができる模様ですね。

で、どちらがマンションのメインの玄関なのか?

マンションのチラシに掲載されていた、大きな通りに面した側を今回はメインの玄関としました。

 

大きめのビルに囲まれているためオフィス街の雰囲気もあります。でも、見えている道路は車の量もまばらで比較的すいており、結構広めの道路です。

居酒屋などの飲み屋街が近くにないのは寂しい気もしますが、住む環境としては最適でしょう。

多摩センター自体が近代的なベッドタウンみたいな感じですね。

 

では、周辺を回り、風水的な視点でリサーチしてみます。

四神相応

 

白虎

建物左側になります。

駐車場になっているビルみたいですが、スーパーマーケットがテナントとして入っています。近くのスーパーはありがたい。

parkhouse5

裏から見るとこんな感じです。

スーパーマーケット以外にもカラオケやフィットネスクラブもある模様。

また、このビルの裏側をペデストリアンデッキが通っており、マンションと駅がつながる様子です。

parkhouse1

 

 

風水的に問題はなさそうですが、ザ・パークハウス多摩センターの高さはこの駐車場のビルより高くなるため、欲を言えばもっと駐車場に高さがあれば良かったですね。

 

玄武

ザ・パークハウス多摩センターの裏側に当たるのが玄武です。

裏手に玄武としての建物があるば、玄武により安定させられていると風水では判断します。

ですが、玄武がない。。。

parkhouse4

 

更地のようです。。。

parkhouse2

 

すぐ裏は小田急線。。。

parkhouse3

 

玄武がないのはマイナスポイントですね。

でも、多摩センター駅からすぐ近くで更地ということを考えれば、近いうちに何かの建物が建つ可能性は十分に考えられます。

建物が建ってくれさえすれば。。。

それまで今しばらく待ちましょう。

 

青龍

ザ・パークハウス多摩センターの右手になります。

parkhouse7

ガラス張りの建物です。

青龍の機能は果たしていますね。

 

ここは旧の法務局で、20年近く前は登記簿をとりに良く訪れていた懐かしいところ。

この建物の中に、ザ・パークハウス多摩センターのモデルルームがあります。

 

朱雀

最後は建物の正面、朱雀です。

parkhouse8

 

風水的には庭があり、川のような流れがあることが好ましいです。

しかし、敷地をフルに活用しようとすれば庭を設けることは難しいですね。

せめて駐車場があれば良いのですが。。。

 

川はリアルな川以外にも道路や鉄道などを川とみなせます。

この正面の通りは通行量が少ないため、緩やかな川とみなすことができますね。

 

朱雀の機能としては弱いですが、概ね駅近のマンションはこんな感じですので、神経質に考えなくてもよさそうです。

 

こんな感じで周辺環境を四神相応の観点で見てみました。

四神相応以外に、高圧線の鉄塔があると風水的に凶意となってしまいますが、とくにそのような物も見受けられませんでした。

玄武や朱雀はちょっと残念ですが、もっと視点を広くとれば、裏手には丘陵があり玄武の機能を果たしていると考えることができます。

朱雀は、ザ・パークハウス多摩センターが完成した時、道路と建物の間がどのくらいあるかでしょう。

 

知らないと損をする!ザ・パークハウスの間取りとインテリア >>

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

Your email address will not be published.
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>