手相の見方

手相占いのことはじめ

手相占いを始めるには、まずどこの線が何線なのかを知らなければ始まりません。

細かな線が分かりにくかったりもしますが、大雑把な線はだいたい共通しています。

手相一般

 

水色 の線が生命線です。

親指と人差し指の間から手首に伸びている線ですね。

よく寿命を表すと手相占いで言われている線です。

 

でも、寿命を表すという意味は残念ながらハズレです。

生命線が短い方もこれで安心でしょう。

この生命線は薄いタイプは少ないような気がします。
生命線を占う

緑色の線が運命線です。

運命線と呼ばれていますが、仕事運と金運や財運と関連づけて手相診断されています。

この線は、無い人もたくさんおります。

逆に何本も通っている運命線もありますね。

 

個人差で様々なバリエーションがみられる手相です。
運命線を占う

赤色が結婚線です。

短い手相ながら、関心度の高さは生命線と並びますね。

ただ、この手相自体を単体で考えるのは無理がある場合がほとんど。

 

運命線などをセットで診断する必要があります。

 

ちなみに、結婚線が3本あるのに、いままでお付き合いした人がいないという方も意外と多いですね。

いつもお見合いをオススメしています。
結婚線を占う

橙色が太陽線です。

なぜか注目を浴びる太陽線。

霊感や神通力系の神秘性を表すとか。。。

 

風水診断師プギャオには仕事柄か霊能者もチラホラおります。

でも、この太陽線が無い人や、短くて薄い人が強い霊能者だったりするので、ハッキリした傾向が見えない線でもありますね。

 

紫色が頭脳線です。

知能線とも呼ばれていますね。

個性や能力など、よく入社試験で行う「職業適性検査」の一筆バージョンです。

生命線と同じ場所から出発していますが、わずかに生命線とズレていたり、生命線とクロスしたりする場合もあります。

 

が感情線です。

性格や芸術的なセンスが現れる線です。

小指側から始まりスルスルと伸びている線ですね。

 

この線はハッキリクッキリした線が少ないことが特徴です。

そのかわり、いろんなパターンから様々な性格を手相占いできる線ですね。

 

右脳型左脳型の右脳側を表しているともいえましょう。

 

パターンにハマらない手相(例 マスカケ)

こんな手相もあります。

手相の見方

 

この手相はマスカケ線とよばれる、ちょっと一般的ではない手相です。

頭脳線と感情線が合体していますね。

猿手とか百握りとも呼ばれています。
マスカケの手相
手相は個人差が激しいため、パターン化して考えるのは困りものです。

でも、ある程度の基本を押さえれば難しいことはありません。

 

線の基本

太くてハッキリと長い手相は硬い意思、強運、長期などの意味を表します。

逆に短くて薄く短い手相は、柔軟な意思、運が弱い、短期などを表します。

 

風数などの他の占いでは、これらの意味を組み合わせ診断鑑定していますが、手相占いも同様です。

 

 

 

 

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

Your email address will not be published.
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>