歯ぎしりが原因とは。。。マウスガードで予防する虫歯と歯周病!

20年以上、虫歯と歯周病で悩まされる

歯1

虫歯になって歯医者に行った経験がある人は多いと思います。

初期症状なら、数回の治療で終わると思いますが、重症化するとなかなか治りません。

さらには、歯科の先生から、完治は無理!と言われます。

進行を止めるしか、方法はないのだとか・・・・。

 

しかし、なんとか自分で進行を遅らせる手段もあります!

そこで、いくつかの虫歯や歯周病の進行を遅らせる手段を紹介しましょう!

 

歯ぎしりと、虫歯・歯周病

歯ぎしりと虫歯・歯周病。

この因果関係に気づくのが遅すぎた!

私は、生まれた時から歯ぎしりをします。

特に一人で生活する分には誰にも迷惑が掛からないので、これまで放置プレーでした。

ですが、これが後々、歯に大ダメージを与える原因となってしまったのです。

 

銀歯(詰め物)と歯自体は固さが違う

当たり前と言えばそうですが、歯と金属は材質が違います。

ということは、固さも違って当然ですね。

歯1

問題は、この固さの違いが問題なのです。

歯ぎしりをしている状態で、固い素材と柔らかい素材が、同じ力を加えたとすると、それぞれが違う変形が伴います。

違った変形をすると、そこに空間が発生する可能性が発生します。

 

簡単に述べると、歯ぎしりをすれば、歯と銀歯の間に隙間が発生してしまうのです。

この隙間が、非常に問題なんですね。

 

隙間はバイ菌の進入路

神経を抜いた歯は、歯の根っこまで金属が入っていることも多いでしょう。

つまり、歯と金属の間にできた隙間は、歯根(歯の根っこ)まで、口の中のばい菌のルートになってしまうのです。

しかも、歯ぎしりは上下左右に上下の歯が動きます。そうすると、歯と銀歯が、あたかもポンプのように唾液を吸い、歯根までばい菌を送り込んでしまうのです。これは、なんとかしなければなりません。

歯根が悪化すると、上顎洞炎という鼻まで炎症が到達し重症化してしまいます!

 

歯ぎしりの対策

眠りが浅いから歯ぎしりするとか、日ごろのストレスが原因で歯ぎしりが発生するとか、歯ぎしりにはさまざまな理由が挙げられています。しかし、はっきりとした歯ぎしりの原因は不明のようです。

歯ぎしりそのものをストップさせる方法として、睡眠導入剤や心理療法などがあるようですね。

ドリエルは睡眠導入剤として結構有名なクスリなので、安心かと・・・。

たしかに、ドリエルなどの睡眠導入剤で眠りが深くなる分、歯ぎしりは少なくなるとおもいますが、完全に止むことはありません。

では、どうすれば良いか?

歯ぎしりしても、歯に負担をかけなければ良いのです!

 

歯ぎしり用のマウスピース

歯ぎしり用のマウスピースというものがあります。

 

これが、歯ぎしり持ちには非常に効果的なんですね。

種類もいろいろあるようです。

入歯のような形とか、
歯ぎしりマウスガードR
TO-PLAN(トプラン)

 

歯ぎしりくんα

歯ぎしりピタリ

このほかにも結構種類があります。

 

歯医者では5000円くらいで型を取ってマウスピースを作るれるようですが、これらのマウスピースの5倍です!

もし、既製品で自分の歯に合わなかったら、歯医者でマウスピースを作るという選択をしても良いでしょう。

 

で、私が愛用しているのは、

歯ぎしりマウスガードR TO-PLAN(トプラン)になります。

IMG_5151

このような透明なものです。

 

IMG_5153

溝があって、そこを噛むように使用します。

 

IMG_5154

結構小さめですが、口が大きい人でもOK(私の口はかなり大きいので多分大丈夫)!

IMG_5152

裏から見るとこのような感じ。

なにぶん、使用中のモノなので、それなりの使用感があります。右側の擦れが多いので、右側の歯に力が加わっているのかもしれませんね。

IMG_5155

ケース入り!これで、旅行もOK!

ケースの色は、紫色です!

 

ところで、なぜこれを使っているかというと、

①形が入歯みたい

→悪い意味ではなくて、入歯の形は、使いやすいからそのような形であり、結局マウスピースも使いやすいのであろうと考えたから。

 

②安い

→他の商品に比べて、数百円ですがやすいので 😆

 

③レビューが多い

→レビューが多く、それなりに満足している人が多かったので。

ありきたりの理由ですが、こんな感じです。

 

歯ぎしりマウスガードR TO-PLAN(トプラン)を使う

使い方は非常に簡単!

でも、若干の下準備は必要です。

①歯ぎしりマウスガードRを熱して柔らかくする

歯ぎしりマウスガードRの素材は、ビニールのような素材でできています。

そのため、温めると軟らかくなるんですね。

そこで、沸騰直前の熱湯をマグカップに入れ、歯ぎしりマウスガードRを3分くらい浸します。

3分くらいすると、少し柔らかくなりますので、口で咥えます!

 

熱湯から出した直後なので熱いことは熱いですが、

ホットコーヒーを飲むようなもので、極端に熱さは感じませんでした。

でも、くれぐれも火傷にはご注意を。

 

②歯ぎしりマウスガードRを固める

固めるといっても、特別難しいことはありません。

咥えたまま、じっと待ちます。

失敗したら、熱湯で温めるところから繰り返します。

 

③慣れる!

これ、重要です。

何事も、慣れが必要です。

もちろん、歯ぎしりマウスガードRもなれが必要。

最初は、頬に当たる部分に違和感があったりします。

慣れといっても、これが原因で口内炎になる可能性もあるので、

適宜、熱湯で形を整えるところからやり直しが必要でしょう。

歯ぎしりマウスガードRで虫歯の状態はどうか

今のところ、大丈夫な様子。

歯ぎしりは、銀歯と歯に隙間が発生するという以外に、歯茎への負担が大きいという問題もあります。

そのため、歯ぎしりをする人は、歯がボロボロになる人が多いのだとか。

そのため、歯ぎしりマウスガードRなどの歯ぎしり対策グッズは、歯ぎしりする人には必須なのかもしれませんね。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]