パワースポットに行く

自分自身に気を取り込むならば断然パワースポット!

 

仏像

 

風水診断師プギャオもパワースポットによく行きます。

伊勢神宮や明治神宮などの有名パワースポットや、ほとんど知られていないパワースポットもよく行きますね。

有名どころのパワースポットは、東京・神奈川は殆ど行っています。

あとは京都や奈良のパワースポットにも年に数回行きますね。大神神社とか石上神宮なんかは大好きです。

お参りは神社がメインですが、最近はお寺にもよく出没しています。
この前いった深大寺は良かったですね。
元三大師様を祀っているお寺ですが、加持祈祷は凄かったです。
真言宗は難解なイメージですが、その祈祷の効果を感じるだけなら一番分かりやすいかもしれません。

不思議な体験もありました。

深大寺の祈祷へ昼前に参加したのですが、和尚さんが入ってくると同時になぜか豚骨ラーメンのような臭いがし始めたのです。和尚さんとの距離はたぶん20m位離れており、周りに人もいない状況でした。
祈祷が始まると臭いは消滅しましたが、あの空間で似つかわしくない臭い・・・。

なにかの憑き物が落ちたのかもしれませんね。

加持祈祷が始まると太鼓の音とリズム感が何とも言えぬ躍動を与えてくれます。感覚的にロックのコンサートいるようですが、ありがたさも加わり素晴らしい体験です。

祈祷が終わった後は、気持ちの高ぶりとスッキリ感が残ります。
この感覚は実に心地よいものですよ。

お寺と神社の違い

お寺と神社の違いは、お寺は神仏にお願いするところ、神社は清めてもらい、生かされていることに感謝をするところだと思っています。

そのため幸運とツキが欲しければお寺に行けば良いのわけですが、お寺の神仏が全ての願いを聞き入れるのは難しいもの。
祈願者がこれまで振舞ってきた、行いや徳に大きく左右されるのです。

さらに、今の困難が結果的に苦労が本人の徳に繋がるのであれば、神仏は現状を変えることはしないでしょう。

なかなか厳しいものですね。

神社に関しては、お願い事を祈願するというより、生かされていることを神様に感謝するところだと風水診断師プギャオは考えています。
なにやら神前でお願い事をした瞬間、神様がプイッと消えてしまうそうです。

神社は自然と一体化したよな神社や、人造感バリバリな神社などいろいろな性格がありますね。
個人的には自然に抱かれた神社は大好きです。
とくに戸隠神社の奥宮。

巨大な杉の木に囲まれた参道を抜け、奥の社殿にお参りする過程で色々と考えさせられます。
なんというか、人間のちっぽけさは強く感じますね。

強大な自然の下では人間など木端そのもの。
自然に逆らうことなく、自然を尊び敬うことが大事だと考えさせられますね。

 

人造感バリバリの神社は自然派とはちょっと違うものです。

よくお庭に小さな祠がある家がありますが、これは屋敷稲荷で各家庭で祀っているものです。

屋敷稲荷は自然を祀るものとは違い、お稲荷様という意識を祀っているもの。

そのためこの意識に対して感謝を捧げるという感じですね。

 

「ありがとう」は最強のパワーを宿す

ちょっと難しいですが、神社やお寺にお参りする場合、共通した考え方は感謝という気持ちです。

いろいろ経験の場数を踏んでいくと、全てにおいて「ありがとう」という言葉の強力さを感じるでしょう。

 

つぎは、自然そのもののパワースポットについてです。
パワースポットの源泉 >>

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

Your email address will not be published.
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>